色っぽい話

色っぽい話
と言っても色鉛筆のことですが今年の4月で3年生になった小学生の娘。
塗り絵にかなりご執心の様子で、使いすぎて不揃いになった色鉛筆にブーイング。もっとたくさんの色も欲しいと言い出しました。しかも36色!じゃなきゃ嫌だと・・・

ならば、女の子だし、「買って上げるからうんと色の感性を磨くがいい」と言ったものの、近隣のお店にはそんな多色の色鉛筆なぞ 置いてあるはずもなく、日曜日の夜に渋谷へ出かけることになりました。
世界的な親ばかのヒカルの面目躍如です。
色鉛筆のためだけにわざわざ電車に乗って渋谷です。

向かったのはロ●ト。
さすが、ロ●トのデザイン用品売場は充実してますね。

でも・・・

色鉛筆ってこんなに高いの???

写真はその中でも安めのヨーロッパ産の色鉛筆。
36色で3600円。
単純に一色一本100円です。
それでも足りず、GoldとSilverが欲しいと+2本で38色。

これならいい塗り絵ができるでしょ。
しかも、ちょっとペン先を水に濡らすと水彩のようなテイストも味わえるらしいです。つまり色も混ぜあわせて使えます。

スゴッ

やっぱり宝の持ち腐れになっちゃうかなと思いながら、ふと数年前「大人の塗り絵」がちょっとしたブームだったことを思い出しました。

やっぱりこれってプロの道具?道楽の道具?
そしてこのグラデーション見てください。

あ~ヒカルも塗り絵したい!!

でも思い出しました。
ヒカルにはパソコンがあるんだった。

ところで、パソコンでは何色ぐらいの色が表現出来るかご存じですか?

パソコンのディスプレイはRGBカラー。
簡単にいうと光の3原色である赤(R)と緑(G)と青(B)の色の混ぜ合せ方の加減で発色しています。
RGBそれぞれ256の階調で表現できるので、その3色の組み合わせは256の3乗です。

さて、ここで問題です。
その256の3乗をエクセルで計算してみたいと思いますが、どう計算式を入力すればいいでしょうか?

答えは “=256^3”

やってみてくださいね。
そしてその結果は16777216

すごいですね、約1670万色の色鉛筆を使っているみたいなものなんですね。

みなさん、1670万色使いこなしていますか?

ヒカル

カテゴリー: ひろし, 必見!プチヒント集