犯人に告ぐ

犯人に告ぐ 上・下
どうも「なんとか賞」をもらった作品というのには弱くて
ついつい手にとった一冊です。

本読んでます?(アリィ様のパクリ)
はい読んでます。

『犯人に告ぐ』上・下 雫井修介

へ~~トヨエツ主演で映画も公開するんだ~
なんて思ってたら
もう既に昨年公開されていたのですね・・・
いまひとつ乗り遅れてしまったようでしたが

オモシロイ!
現在進行形でハマっています。

過去に担当した事件で、捜査の失敗を伝える記者会見での暴言により、
地方に左遷された神奈川県警の警視・巻島。
男児連続殺害事件の犯人「バッドマン」が
自分を非難した女性ニュースキャスターの息子を殺すと宣言する。
「劇場型犯罪」型の犯人に対し、
テレビニュースにおいて、計算された量と質の情報を公開し、
犯人を炙りだそうという「劇場型捜査」を巻島が行っていく。

神奈川県警といえば・・・とか
このニュース番組はあの番組で
このキャスターはあの人で・・・とか

なんだか本当に事件が現在起こっているかのような臨場感。
しかも、警察内部の駆け引きやリーク、
テレビのライバル番組の視聴率争いの裏側、など
とにかく今現在ワタシの中のリアルタイムで事件の「劇場型捜査」が進行しています。

えーーこの先どうなっちゃうの?のドキドキハラハラ感で、
クライマックスをもうすぐ迎えようとしています。

読み終えたばかりなのでしょうか、
私の本棚さん にTBさせていただきます。

DVDはもうレンタルされているのかしらん?
まずは原作のクライマックスを楽しんでから
探してみるとしましょう。
おそ松

カテゴリー: おそ松, マイブーム