夏が終わると・・秋です

ワードで描いた餅つきうさぎ
知らないの?
とか書いたら怒られそうですね。

bananaWANIさん曰く生まれた季節が好きになるそうですが
ヒカルは真冬に生まれましたが夏が好きです。
暑いのは大の苦手なのに夏が好きです。矛盾するかもしれないけど。

きっと「夏の終わりには淋しさ」があるから夏が好きなんですね。
強烈な印象と思い出を残してくれるからでしょうか?
その分、秋は淋しいです。

もう、すでにこの世で何回夏を過ごしたかはわかりませんけれど、
いわゆる冷夏の年は「楽しい夏」という印象も無く、その一年を損したような気がしてしまうヒカルです。
その意味で今年の夏はよかったなぁ!
思いっきり暑くなって

というわけで何の脈略も無いですが今年の夏の思い出は祐天寺教室のTOPページのリニューアル。
少し暑苦しかったので涼しげにしてみましたがいかがですか?

まあ大きな変更はしていないのですが、少しでもわかりやすいサイトを目指して暑さにもめげずに日々努力しているわけです。

さて、秋と言えば夜長でしょう。

もう今頃はだいぶ日の沈むのが早くなってきてこれがまた淋しさを演出してくているような気がします。
浴衣を着て団扇を片手に花火を見た真夏の夜とは明らかに違う秋の夜空。

見上げていると真夏の夜景がオーバーラップしてきてなにか切ないですね。

これだけで十分秋を淋しく感じてしまうヒカルです。

何しろ花火を見ながら月見はできないですから。
というわけでTOPの画像はこじつけの「ワードで描いた餅つきうさぎ」。

まあ9月とは言っても暑さが厳しく感じられるのはきっとこの「淋しさ」が追加されるからなんでしょうね。

ほんとに淋しい夏を過ごしたらしい青い鳥さんにTBさせていただきます。

センチメンタルヒカル

カテゴリー: ひろし, ひとりごと