2015年05月 7日



バックアップって本当に必要? [ひろし, 必見!プチヒント集]


150507.PNG


答えは。。。

よく、「パソコンのバックアップは定期的にしておくといい」とか、バックアップを取っていないといざというときに困るよ」などと聞きますが、本当にそうでしょうか?

上の画像は一般的なWindowsのパソコンの「マイコンピュータ」の画像です。
普通に使用するファイルはこれらのアイコンから辿って利用する(再生する)ことができるはずです。ということはバックアップしなければいけないかもしれない大事そうなファイルはきっとこの中にあります。

でもここでよく考えてみましょう。

バックアップしたものはどんな時に役に立つのでしょう。

パソコンが壊れたとき?
大事なファイルを紛失してしまったとき?

そもそもパソコンがいざ壊れたときにバックアップの中に大事なファイルは本当にあるのでしょうか?
例えば最後にバックアップをしたとき以降にできたファイルのバックアップはありませんね。
ということは、大事なファイルができたときはそのたびにバックアップする?
ん~なんだか現実的ではありません。
バックアップファイルは「いつの時点」のものか明確でない限り、あまり重要とは考えにくいものです。それでも無いよりはましだということもあるかもしれませんが。。。

バックアップもさることながら、実は失敗して、うっかり大事なファイルにまったく関係のないファイルを上書きしてしまった。とか、間違って消してしまった。しかもゴミ箱にもない。
などという経験はありませんか?
つまり、「ファイルを元の状態に戻したい!」

そんなことを考えると、ぜひ利用したいのがDropboxです。
例えばエクセルで作ったファイル、スマホで撮った写真の保存場所をDropboxにしておけば、自分のパソコンとDropboxサイト上に常にほぼ同時にコピーが取られます。仮にパソコンが壊れてもDropboxにはちゃんと無傷で残るのです。いつでもそこから再生できます。

さらにタイムマシンのようにファイルを過去のあるときの状態に戻すこともできます。うっかり削除してしまっても復元することもできるんです。

つまり、クラウドであるDropboxを利用することでデータのバックアップを意識する必要は一切なくなるのです。

これは利用しない手はないですね。

(ひろし)


投稿者 ひろし : 23:18




mt-search.cgi">
BlogPeople検索
祐天寺パソコン教室 トップサイトマップ会社概要|copyright © 2001-2017 I's Production,Inc. All rights reserved